[PR]

 iPS細胞を心臓病の治療に応用する研究が活発になってきた。8月には慶応大のチームによる、安全性や有効性を確かめるための臨床研究が厚生労働省の部会で了承され、大阪大はすでに1月に移植を実施。京都大も厚労省での審議を控えている。将来の心臓病治療の新たな選択肢として期待されるが、乗り越えるべき課題も多い…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも