(記者推し)吉右衛門の地芸の力、配信公演で見えた 「須磨浦」自ら書き下ろし

有料記事

[PR]

 コロナ禍の影響で東京・歌舞伎座公演が前例のない4部制となるなど様々な上演の制約に苦しむ歌舞伎界で、新たな表現の作品が生まれている。その舞台は、オンライン上の配信公演だ。

 6~7月にかけて5回生配信した松本幸四郎らの図夢(ズーム)歌舞伎「忠臣蔵」に続き、8月29日~9月1日には中村吉右衛門による特…

この記事は有料記事です。残り612文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載記者推し

この連載の一覧を見る