(評・音楽)サントリーホール「サマーフェスティバル2020」 前衛精神が今の状況にぴたり

有料記事

[PR]

 現代音楽の祭典「サマーフェスティバル」。主催のサントリーホールで三つのオーケストラ演奏会を聴いた。

 8月26日の演奏は杉山洋一指揮、読売日響。弦楽器の大半を舞台から客席前方に降ろし、楽団員の社会的距離を保つ。これがユニークな音響を引き出した。三絃(さんげん)の弾き語りを交えた高橋悠治の「鳥も使い…

この記事は有料記事です。残り581文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。