「最高の目標」父の代表作をついに 「審判」加藤義宗

有料記事

[PR]

 5歳のころ初めて見た。思春期に内容を知り、役者を志した28歳で「いつかやりたい」と心に決めた。40歳の今年、ついに演じる。加藤義宗の一人芝居「審判」は、舞台の外にもドラマがある。

 第2次大戦中、ドイツ軍の捕虜になったロシア人将校ヴァホフが、監禁されながら生き残った60日間の体験を陪審員に語る。

この記事は有料記事です。残り589文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント