「距離と人間」めぐる三つの物語 ラッパ屋、初の朗読劇

有料記事

[PR]

 劇団ラッパ屋が初めてのリーディング公演「距離と人間」を21日に行う。タイトルが示す通り、新型コロナウイルスの流行で広まった「ディスタンス」という言葉に着目し、主宰で作・演出の鈴木聡が「人と人」「人と社会」「心と心」をめぐる距離の物語を三つの短編朗読劇に仕立てる。

 1984年の旗揚げ以来、つましい…

この記事は有料記事です。残り296文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント