大阪都構想、なぜ今再び コロナ下で住民投票実施へ 吉村知事、感染対策で存在感示す

有料会員記事

[PR]

 大阪都構想の是非を問う2度目の住民投票が決まった。最大の理由は、都構想に反対してきた公明党が賛成に転じたことだ。住民サービスの維持や財政状況の見通しなどの課題は残ったまま。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるなか、不安視する声もある。▼1面参照

 「将来の大阪をどうするか、住民のみなさんに判…

この記事は有料会員記事です。残り1663文字有料会員になると続きをお読みいただけます。