ホンダ・GM、包括提携検討 北米、車台や部品の共通化

有料会員記事

[PR]

 ホンダは3日、北米での四輪事業で米ゼネラル・モーターズ(GM)と包括的な提携を検討すると発表した。車台や基幹部品をGMと共通化してコスト削減を進め、中国に次ぐ巨大市場の北米で競争力を高める一方、自動運転など先進技術へ経営資源を傾ける。具体的な議論を今後深め、2021年初めの協業開始をめざすとしてい…

この記事は有料会員記事です。残り611文字有料会員になると続きをお読みいただけます。