(大志 藤井聡太のいる時代)奮闘編:3 「序盤の村山」が勝利、温めてきた妙手で

有料記事

[PR]

 「藤井棋聖も大変ですよね。棋士はみんな、注目される藤井棋聖との対局に照準を合わせて来ますから」。8月20日、棋聖に王位を加えて藤井聡太二冠(18)が誕生した第61期王位戦第4局2日目を「ABEMA」で解説していた村山慈明(やすあき)七段(36)の言葉だ。

 村山自身、ほぼ1年前、「一番自信がある形…

この記事は有料記事です。残り600文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント