中国語教育強化、抗議広がる 内モンゴル自治区、「文化の危機」

有料会員記事

[PR]

 中国内モンゴル自治区の学校で9月から中国語教育が強化されたことに対し、モンゴル族による授業のボイコットや大規模な抗議活動が起きている。中国政府は近年、ほかの少数民族にも標準中国語を普及させる政策を進めているが、モンゴル族の強い反発に遭った形だ。

 ■取り締まりで逮捕者も

 自治区政府は8月26日…

この記事は有料会員記事です。残り1011文字有料会員になると続きをお読みいただけます。