英仏独西伊中…外国語検定、存続に難題 コロナ禍で中止・収入減…「寄付に頼るしか」

有料記事

[PR]

 フランス語やイタリア語などの外国語検定試験が、新型コロナウイルスの影響で厳しい運営を強いられている。春や夏の試験が中止になり、収益の大半を占める検定料が得られなくなったためだ。秋や冬の試験に向けて準備を進めているが、会場の確保や感染防止対策で頭を悩ませている。試験の存続に向け、寄付の呼びかけも始ま…

この記事は有料記事です。残り1834文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。