[PR]

 舞台「ボクの穴、彼の穴。」で宮沢氷魚(ひお)が演じるのは、塹壕(ざんごう)に1人取り残された兵士。別の塹壕には敵の兵士がいるが、姿は見えない。孤独のなかで「見えない敵」におびえる心情は、今の世の中にも重なるという。

 松尾スズキ訳の絵本を、ノゾエ征爾脚本・演出で2016年に舞台化。今こそ上演すべ…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも