[PR]

 カトリック教会の司教の任命権をめぐって中国と対立してきたバチカン(ローマ教皇庁)のパロリン国務長官(首相に相当)は14日、2018年に双方で折り合った2年間の「暫定合意」を延長する意向を示した。イタリアメディアが同日、報じた。欧州で唯一、台湾と外交関係をもつバチカンが、国交のない中国との関係改善を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも
こんなニュースも