[PR]

 豪雨や地震による災害が頻発する中で、避難所のあり方を見直そうという声が強まり、現場で改善への取り組みが進んでいる。否定すべきキーワードは「我慢」だ。

 ■遠慮させぬ伴走支援、必要 浦野愛さん(災害NPO職員)

 避難所が注目されるようになったのは、阪神大震災(1995年)です。900人を超す災害…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも