(声)子らがともに育つ場、これからも

有料会員記事

[PR]

 ボランティアグループ代表 池上信江(神奈川県 56)

 8月24日の本紙に、障害のある子に専門的な教育を望む保護者が増え、通常校でも入学可と判断されたうちの7割が支援学校を選んだ(2017年度調査)、とあった。

 おもちゃ遊びを通して親子が集う場を仲間と開き、20年になる。この間、障害児支援制度は…

この記事は有料会員記事です。残り331文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載

この連載の一覧を見る