(声)語りつぐ戦争 原爆の翌年、広島で生まれた本

有料会員記事

[PR]

 ■語りつぐ戦争 平和のバトン 戦後75年

 無職 西村光雄(福岡県 89)

 中学以来の友人から1冊の書物が届きました。70年近く貸していた本です。終戦の翌年、1946年に広島の生物学者のグループが編んだ「日本動物解剖図説」。英国で医学を研究する娘さんが日本の蔵書を整理していて出てきたということ…

この記事は有料会員記事です。残り347文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載

この連載の一覧を見る