(書評)「『七人の侍』ロケ地の謎を探る」 高田雅彦〈著〉

有料記事

[PR]

 ■リアリズム魂であっちこっちへ

 英国では「七人の侍」が〈史上最高の外国語映画100本〉の第1位に選出されたほか、フェリーニを始め世界の超一流監督が映画史上最高傑作と絶賛。が、キネマ旬報ベストテンでは第3位。日本の評論家の世界の黒澤明へのヤッカミか。本書の目的は「七人の侍」の不可解なロケ地の検証で…

この記事は有料記事です。残り776文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!