(書評)『アインシュタインの戦争』 マシュー・スタンレー〈著〉

有料記事

[PR]

 ■ニュートンの国の科学者が尽力

 アインシュタインは、ルーズベルト大統領への原爆開発書簡やラッセル・アインシュタイン宣言等の政治的活動でも知られている。そのため、タイトルの戦争から漫然と第2次世界大戦を連想してしまった。

 ただし一般相対論が完成した1916年ごろは、第1次世界大戦の真っ只中(ただ…

この記事は有料記事です。残り815文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!