(書評)『さよなら、俺たち』 清田隆之(桃山商事)〈著〉

有料記事

[PR]

 桃山商事の清田代表といえば、主に女性たちの恋愛話を聞き取りながらそれを整理し、ジェンダー問題などを的確にとらえて話しあうといった活動で有名だ。私も何度かラジオで声を聞いたことがある。

 その清田代表が様々な媒体に書いたエッセーをまとめたのが今回の『さよなら、俺たち』で、このタイトルにメッセージの大…

この記事は有料記事です。残り300文字有料会員になると続きをお読みいただけます。