(新型コロナ)代替データ、投資に政策に活用 人・モノ・お金の動き、「見える化」

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を機に、新たに脚光を浴びるデータがある。クレジットカードの決済履歴や携帯電話の位置情報だ。

ここから続き

 こうした大量のデータを使えば、人やモノ、お金の流れが素早くわかる。これまで主流だった官庁統計や企業決算など「伝統的」なデータに対し、「オルタナティブ(代替)データ」と呼ばれ、企…

この記事は有料会員記事です。残り3190文字有料会員になると続きをお読みいただけます。