(フィンセン文書 疑われた取引)IOC委員の息子側へ3700万円 東京五輪招致委、委託のコンサル

有料会員記事

[PR]

 ▼3面参照

 東京五輪パラリンピックの招致委員会がコンサルタント業務を委託したシンガポールの会社から、国際オリンピック委員会(IOC)の有力委員の息子とその会社に計約37万ドル(約3700万円)が送金されていたことがわかった。親子の汚職容疑を調べていたフランス当局の捜査資料などから判明した。コ…

この記事は有料会員記事です。残り1348文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら