[PR]

 三島由紀夫『春の雪』は、侯爵家の松枝清顕(まつがえきよあき)と、伯爵家の綾倉聡子の間に繰り広げられる禁断の恋を描いた小説として知られている。

 時は明治から大正へと移り変わるころだ。松枝家の書生の飯沼茂之は「清らかな偉大な英雄と神の時代は、明治天皇の崩御と共に滅びました」と嘆いている。そして「電車…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも