[PR]

 「いつもなら、自宅でお稽古をするのは公演近くなってからなんですけども、今回は決まった途端にセリフを入れた。うきうきとしています」

 歌舞伎座で10月2日から始まる十月大歌舞伎の「梶原平三誉石切」で、片岡仁左衛門が2月以来の生舞台に立つ。その喜びを、少年のように爆発させた。

 16年ぶりに演じる梶原…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら