[PR]

 コロナ禍で2本の舞台の中止を余儀なくされたケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)の新作は、優しく温かい手触りのコメディーとなった。創作時の制約や困苦の影響を見せず、にぎやかで精緻(せいち)な3時間半の群像劇を生みだしたところに、本作に携わる人々の矜恃(きょうじ)を感じる。

 パートナーの緒川たま…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら