[PR]

 第19回全日本モノクロ写真展(全日本写真連盟関東本部、朝日新聞社主催)の入賞作品84点が決まった。全国から452人、2703点の応募があった。審査には写真家の中藤毅彦さんと伏見美雪・アサヒカメラ編集長(当時)があたった。

 ■総評 転換期、映す鏡に 写真家・中藤毅彦さん

 コロナ禍の中であったが、熱気のある作品が数多く集まったことに安心した。

 全体的に見ると、祭りや伝統行事といったモチーフを撮った作品が、非常に多い印象を受けた。無論、日本という国に生きるうえで、良き伝統を見つめ直すことは大切だと思う。そうした被写体は、モノクロームとの相性も抜群だ。

 しかしながら、写真は時代を映す鏡でもあるべきなのだ。クラシックな表現技法とも言えるモノクロームではあるが、手堅くまとめるだけでなく、新たなチャレンジがあってもいいだろう。

 世界が大きな時代の転換期にある今、リアルタイムの現代を切り取った作品が、今後もっと増えることを期待している。

 ■講評 偶然を超えた必然

 ◆最優秀賞「埃払い」

 白装束の人のマスクは、単なるほこりよけかも知れない。しかし、マスクという象徴的な要素が含まれたことは偶然を超えた必然であって、暗示的に時代が映った作品といえるだろう。逆光の美しさが際立つが、それ以上に影が語っているのは秀逸だ。色彩の情報を排し、世界を光と影で捉えるモノクロ写真の本質を、見事に体現している。

 ◆朝日新聞社賞「あしたこそ」

 グッと力のこもった手足の表情は、何か悔しい気持ちを押し殺しているのだろうか。複雑な造形を絡み合わせ、構成主義の絵画のごとく切り取った絵作りが絶妙だ。ピントの合った足の裏から、なだらかにぼけていく描写に、白黒の階調の奥深さが見える。

 ◆全日本写真連盟賞「托鉢僧」

 日常生活で見かけることが多くはないであろう托鉢僧が、4人も写っている。衣の黒が画面を引き締め、近景と遠景の双方に見どころを生み出している。さらに、手前を横切る僧侶が、写真に動きと物語をもたらしている。

 ◆関東本部長賞「瞳」

 何かを一心に見つめる少女の瞳に映っているのは、窓から差し込む光だろうか、きれいなキャッチライトに視線が吸い込まれる。左頬からグラデーションを描く光の当たり方も、背景に光の丸いぼけが一つあるのも、非常に美しく効果的だ。

 ■そのほかの入賞者

 ◆アサヒカメラ賞

 「自転車メガネ」与那嶺朝路(那覇市)

 ◆特選

 一瀬邦子(埼玉)▽外勢肇(愛知)▽小島為玖生(神奈川)▽三澤久(山梨)▽岡島章(愛知)

 ◆準特選

 小林進(埼玉)▽黒木憲夫(宮崎)▽小林一久(静岡)▽松下昇一(茨城)▽住由子(埼玉)▽柳川武春(神奈川)▽福島正則(滋賀)▽國吉倖明(沖縄)▽麓直美(東京)▽吉川正宏(静岡)

 ◆入選

 小林渡(神奈川)▽青木照実(静岡)▽柳谷昌輝(青森)▽樋渡博(山形)▽谷島文夫、加藤芳子、堀内道正、小薬勝雄(以上茨城)▽高塩定男(栃木)▽小杉要、吉田信正、又賀義信、中嶋幸子、黒川律子、古怒田潔、豊田美徳、一瀬富左男、中山賢治、菊地博子(以上埼玉)▽国広妙子(千葉)▽松居正、有馬良江、楠瀬彰彦、金子昌子、下田武、海老原郁夫、塚田容三(以上東京)▽伊藤信幸、矢野直孝、鈴木和子、長田君雄、畠堀ひと美、中野雅子、小島知子、渡部和範(以上神奈川)▽渡辺清一、白勢良紀(以上新潟)▽廣田一雄、多田洋(以上岐阜)▽加藤利光、松浦昭宏(以上静岡)▽植田崇裕(愛知)▽梁井英雄、伊藤憲治、水谷寛、瀬戸茂子、林知子(以上三重)▽古地幸男、山口邦夫、橋本和子、佐々布定夫、木村薫(以上大阪)▽小野智子(奈良)▽片岡佳子(広島)▽木村信夫(山口)▽窪田保孝(愛媛)▽真角伸子、青木春磨、田中俊寛(以上福岡)▽小出由美(沖縄)

 ◆高校生入選

 佐藤佳歩(神奈川県立横浜清陵)▽西村勇陽(福岡県立筑紫丘)▽大平夏楓(鹿児島県立川内商工)▽國井咲良(山形県立山形西)=敬称略

 ■来月30日から展示

 入賞作品を10月30日~11月5日、富士フイルムフォトサロン東京(東京都港区赤坂9丁目)で展示します。

 全日写連では会員を募集しています。ホームページ(https://www.photo-asahi.com/別ウインドウで開きます)をご覧下さい。問い合わせは事務局(03・5540・7413)へ。

 ■協賛

 アサヒカメラ、エプソン販売、ケンコー・トキナー、サンディスク、写真弘社、天賞堂、ニコンイメージングジャパン、ピクトリコ、富士フイルム、フレームマン、山田商会(50音順)