[PR]

■第1部 リリパット国渡航記

 食事をこしらえてくれる料理人は三百人おりました。全員、私の住居のそばに建てた手ごろな住まいで家族と一緒に暮らし、一人二皿ずつ食事を用意してくれたのです。私は片手に給仕を二十人乗せ、テーブルに下ろします(1)。さらに百人が下の床に待機し、何人かは肉の皿を持ち、何人かは…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら