(南極越冬物語:13)大型アンテナ1045本の「番人」 大気レーダー担当・濱野素行さん

有料記事

[PR]

 「世界最先端の機器を世界の果てで動かしたい」。その熱意が濱野素行さん(45)の原動力だ。南極最大の大型大気レーダー「PANSY」を担当する。

 昭和基地中心部から丘を越えた先。東京ドーム2個分の広さの土地にアンテナが並ぶ。1045本が連動して一つの巨大レーダーのように、地上付近から高度500キロま…

この記事は有料記事です。残り389文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント