浸水想定せず、訓練見直しへ ヘリ救助落下事故、再発防止策 東京消防庁

有料記事

[PR]

 福島県いわき市で昨年10月、台風で被災した女性(当時77)がヘリコプターで救助される際に約40メートルの高さから落ちて死亡した事故で、東京消防庁は25日、原因の調査結果と再発防止策をまとめ、発表した。

 同庁によると、事故の原因は、女性を支える安全ベルトのフックをヘリのワイヤにつけ忘れたことだった…

この記事は有料記事です。残り336文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント