[PR]

 男優・女優賞をやめてジェンダー平等の姿勢を示したベルリン国際映画祭に続いて、今度は米アカデミー賞が多様性を求める改革策を打ち出した。

 作品賞の対象となる新たな条件として、出演者やスタッフに、女性、少数派の人種、LGBTQ+(性的少数者)、障害者が一定数いることを必要とする、と米映画芸術科学アカデ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも