[PR]

 ■人格論と自由至上主義の両立へ

 自殺とは、将来の自分に対する殺人であり、ほんとうは他殺ではないか。記憶もないような幼い時代の自分と、現在の自分、そして衰老の自分とが、果たして同一の人格だと言えるのか。

 逆に、生涯を通して一つの人格を生きるのであれば、離婚の自由の承認は、時間軸を介在させた、一夫…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら