東証、終日取引停止 機器故障でシステム障害 きょうの売買「通常通り」

有料会員記事

[PR]

 東京証券取引所は、1日朝から起きたシステム障害の影響で、全銘柄の株式売買などを終日停止した。機器の故障が原因とみられ、1999年に取引をシステム化して以降、終日停止は初めて。2日は通常通り取引を行う予定だ。1日平均3兆円(2019年度)が売買される取引所だけに、国内外の投資家や企業への影響は大きく…

この記事は有料会員記事です。残り1026文字有料会員になると続きをお読みいただけます。