(書評)『死神の棋譜』 奥泉光〈著〉

有料記事

[PR]

 ■不詰めが詰むか、謎解きに快感

 昨今の将棋人気で、将棋を題材にした小説が多く発表されている。ジャンルもミステリーから青春小説までと幅広いが、そこに奥泉光が名乗りを上げた。

 第69期将棋名人戦が行われている2011年5月。元奨励会員の夏尾が神社で矢文を見つけ、将棋会館に持ち込んだ。矢に結ばれてい…

この記事は有料記事です。残り780文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!