(書評)『エリートたちの反撃 ドイツ新右翼の誕生と再生』 フォルカー・ヴァイス〈著〉

有料記事

[PR]

 2010年、ドイツで論壇を揺るがす「ザラツィン論争」が起こった。

 中道左派社会民主党(SPD)の財政専門家で、独連銀の理事になってまもないティロ・ザラツィンが、ドイツに帰化したトルコ系などを「福祉に依存するクズ」と呼び捨て、排外主義と人種差別むきだしの著書『ドイツは自滅する』(未邦訳)をベスト…

この記事は有料記事です。残り316文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!