[PR]

 日本とは何か、ふつうとは何か。それをずっと問い続けている。作家・温又柔(おんゆうじゅう)さんの新刊『魯肉飯(ロバプン)のさえずり』(中央公論新社)は、台湾と日本の間で揺れるアイデンティティーというデビュー以来の主題に加え、ジェンダー問題に本格的に向き合った自身初の長編だ。

 主人公は、日本人の父と…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら