客室乗務員、地域活性化役に 約1千人 日航、移動需要喚起めざす

有料会員記事

[PR]

 日本航空の赤坂祐二社長は7日に記者会見し、同社の客室乗務員の15%ほどにあたる約1千人を、地方の魅力や課題を見つけ出す仕事につけると明らかにした。地域活性化をめざす「地域事業本部」も新設し、地方の活力を向上させて移動需要の掘り起こしに取り組む。

 客室乗務員の約20人はこの業務の専任として配置転換

この記事は有料会員記事です。残り136文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら