[PR]

 海のプラスチックごみは、2050年には魚の量を超えると言われる。私たちはまず、使用を減らさなければならない。どれだけできるか。達人たちの助言をもらって1週間。やってみて分かったのは、いかにプラスチックがあふれ、「プラなし生活」が難しいかということと、ある程度は減らせるし、意外とおもしろいということ…

この記事は有料会員記事です。残り1768文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1768文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1768文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも