(be report)プラなし生活にトライ 容器を持参し、量り売りで買い物

有料記事

[PR]

 海のプラスチックごみは、2050年には魚の量を超えると言われる。私たちはまず、使用を減らさなければならない。どれだけできるか。達人たちの助言をもらって1週間。やってみて分かったのは、いかにプラスチックがあふれ、「プラなし生活」が難しいかということと、ある程度は減らせるし、意外とおもしろいということ…

この記事は有料記事です。残り1767文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!