[PR]

 2009年から始まった新国立劇場のシェークスピアの歴史劇シリーズもついに完結を迎えた。掉尾(とうび)を飾るのは、浦井健治が演じるボリングブルック(後のヘンリー四世)が、リチャード二世(岡本健一)から王位を奪う物語だ(翻訳は小田島雄志)。

 14世紀のイギリス王が主人公だが、遠い異国の時代劇には終わ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら