[PR]

 森山未來が朗読パフォーマンス「『見えない/見える』ことについての考察」を上演する。ある日突然視力を失った人々を描くノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説「白の闇」から着想を得た朗読を中心に踊りを組み合わせ、2017年に初演された作品だ。

 取材会で「見えているようで見えていないのではないかと感じる…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら