渡航円滑化へ共通証明書 コロナで手続き煩雑、37カ国で連携

有料記事

[PR]

 新型コロナウイルス感染症による渡航規制が各国で緩和されるなか、コロナ対策に伴う新たな手続きの煩雑さが企業活動の障壁になっている。アンケートに対し、業績への悪影響を指摘する企業も少なくない。「ウィズコロナ」の環境で人の移動を円滑にしようと、新たな取り組みも始まった。

 ■事業に悪影響

 「ほとんど…

この記事は有料記事です。残り911文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。