[PR]

 「ダボス会議」の生みの親、世界経済フォーラム(WEF)のクラウス・シュワブ会長は、株主だけでなく、従業員や顧客、地域などの利害関係者(ステークホルダー)に配慮した新たな経済を提唱する。日本にこそヒントがあるというシュワブ氏に「ステークホルダー資本主義」の可能性を聞いた。

 ――コロナ危機で、企業…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら