[PR]

 多数決は民主主義におけるものごとの決め方のひとつであって、多数派が決めることがいつも正しいわけではない。

 ところが安倍晋三政権の7年8カ月で顕著になったのは、選挙で勝てば何でもできるという数への信奉と、異論を唱える少数派に対する敵視や排除の姿勢だ。

 「相互的寛容」と「自制心」。米国のふたりの政…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら