(現場へ!)コロナ禍の貧困危機:3 安全網なき外国人の困窮

有料会員記事

[PR]

 コロナ禍が浮き彫りにしたのは、国や自治体の支援からこぼれ落ちた外国人の苦境だった。

 貧困や労働問題に取り組む30を超す団体でつくる「新型コロナ災害緊急アクション」は、寄付金を元にした「緊急ささえあい基金」から、緊急の生活・宿泊費を困窮者に給付してきた。8月上旬までの総額約2200万円の給付のうち…

この記事は有料会員記事です。残り1145文字有料会員になると続きをお読みいただけます。