[PR]

 『桐島、部活やめるってよ』で鮮烈なデビューを果たしたとき、まだ大学生だった。『何者』で戦後最年少の直木賞受賞と話題を呼んだのは23歳のころだ。朝井リョウさんが、作家生活10周年記念とうたう新刊『スター』(朝日新聞出版)を出した。直木賞作家という肩書を若くして背負ってきた経験から生まれた、様々な問い…

この記事は有料会員記事です。残り923文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り923文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り923文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも