[PR]

 公演再開の国立劇場。第一部・第二部とも充実した古典作品に「いま、必見」の価値がある。

 第一部「源太勘当」は難しい芝居で主役の梶原源太は気骨ある二枚目の典型だ。梅玉は花道の出のふっくらとした雅品(がひん)、敵対者の挑発を意に介さない度量、すべて技巧を超えた佳(よ)さである。

 母・延寿の魁春が初役…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも