[PR]

 読書が好きな者のあいだには同族意識がある。彼らにとって職業に貴賤(きせん)はなく、知り合った相手がかなりの読書家だとわかったならば、それがたとえ犯罪者であろうとも、まずは「好きな本はなんですか?」と質問したい好奇心が湧くだろう。なんなら、その本の趣味で相手の資質について自分なりの見極めを行うはずだ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら