[PR]

 台湾東部で2018年10月に特急プユマ号が脱線して18人が死亡した事故で、台湾当局の運輸安全調査委員会は19日、最終報告書を公表した。主な原因として、ブレーキ関連部品の故障や整備体制の不備を挙げた。車両を製造・納入した日本企業の責任には直接言及しなかった。

 報告書によると、事故は、運転士がブレー…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも