写真家・石元泰博の造形美と批評性 生誕100年、3館共同で記念展覧会

有料会員記事

[PR]

 「桂離宮」シリーズなどで知られる写真家石元泰博(1921~2012)。来年、生誕100年となるのを記念した展覧会が、東京都内2カ所で開かれている。幼少期から10代後半までを過ごした高知県の県立美術館を加えた3館の共同企画で、石元の作品を多角的に振り返る。

 東京オペラシティアートギャラリーでは…

この記事は有料会員記事です。残り1211文字有料会員になると続きをお読みいただけます。