[PR]

 地方の公立美術館の展覧会といえば、地元ゆかりのものや巡回展のイメージが強い。そんな中で、足利市立美術館の「瞬く皮膚、死から発光する生」は先端的な表現を見せる現代の写真家8人の作品を集め、異彩を放っている。

 しわの刻まれた手足を柔らかいモノクロで捉える石内都に、裸身のクローズアップ画像を重ねて焼き…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも