菅氏外遊、にじむ対中牽制色 「自由で開かれたインド太平洋」連携進む

有料記事

[PR]

 菅義偉首相は初の外遊を終えた。東南アジア諸国連合ASEAN)のベトナムインドネシアを訪れ、安倍政権が台頭する中国を念頭に提唱した「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」構想の推進を訴えた。日本政府は中国との関係改善も同時に目指すが、FOIPの連携が広がるにつれ、「対中牽制(けんせい)」色は隠…

この記事は有料記事です。残り1420文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。