(底流2020)暗転、石破氏:中 「知名度背に支持を」狂った戦略 地方票減る「簡易型」勝算なく

有料記事

[PR]

 来たるべき自民党総裁選に向け、自らの19人の小さな派閥が主な後ろ盾でしかない石破茂氏は、地方をこつこつと回って知名度や世論の支持を上げ、それを背景に、党内の支持を拡大する戦略だった。

 石破氏は「北方領土を除く全国1718市町村のうち、まだ450ぐらいしか行けていない」と話す。これは、本や資料でパ…

この記事は有料記事です。残り719文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。