モニタリング「放出前から強化」 原発汚染水風評対策で規制委員長

有料記事

[PR]

 原子力規制委員会の更田豊志委員長は21日の定例会見で、東京電力福島第一原発敷地内にたまる処理済み汚染水の処分方法が海洋放出に決まった場合、放出の1年ほど前から海のモニタリング調査を強化する意向を示した。放射性物質の測定精度を高め、放出前後の変化を監視し、風評被害対策に役立てるという。

 政府は海洋…

この記事は有料記事です。残り335文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。